エシカルというファッションスタイル

こんにちは。ファッションアイテムは、ふだんどのような基準でお選びですか?デザイン、素材の質感、ブランド名、お値段、いろいろ基準をお持ち合わせと思います。そのブランドの企業理念や、材料の調達から製造工程、雇用の問題などを含めたすべてのコーポレートアイデンティティーを見つめてみると、もっとファッションに深みが出てくると思うんです。地球の一員として、消費行動に意味を持たせ、自分のおしゃれに付加価値をつけて、(周りからは目立たないかもしれないけど)ストーリーのある自分だけのゆとりにつながるコーディネートって憧れですね。

ここで、エシカルファッションの中でもチェックしているブランドをいくつかご紹介しますね。

Synergy Organic Clothing

(写真上) Essential Infinity Dress by Synergy Organic Clothing $114.00
95% GOTS認証オーガニックコットン、ネパール製のこちらのドレスはフロントからのストラップのアレンジ次第で変化をつけられ、女性らしいシルエットのスカートは、伸縮性がありシワになりにくく旅行にも便利そうですね。Synergy Organic Clothingは創業者ケイト・フィッシャーにより1993年に設立。ネパール、インドの自然原料のオーガニックファーミングをサポートしながら、フェアトレードにて持続可能なアパレル産業を目指し、主にヨガウェア、着心地が良く安らぐホームウェアをデザインしています。

People Tree

amar_sheath__76235.1439214537.500.659.jpg

日本でもおなじみ、ピープルツリー(まもなく創業25周年を迎えられるようです)はフェアトレードファッションの中でも、ナチュラルさを残しながらポップなデザインを取り入れた先駆者ですね。カラフルな女性らしいアイテムが揃っています。とくに、ベビーちゃんには絶対に肌触りの良いオーガニックコットンのカバーオールなどを選びたいですね。

4 ALL HUMANITY

4allhumanity-d-cover.jpg

グアテマラ製のひとつひとつ、手で刺繍をほどこした伝統模様のスカートやワンピース。フェアトレードのアクセサリも種類がそろっています。

YELLOW 108

yellow-108.jpg

ロスアンゼルスに拠点を置く、地域に密着したビジネスをモットーにしている帽子のブランド。すべての帽子は、保護された、またはリサイクルされた素材をもとに、環境を破壊しないポリシーで製作しています。デザインのひとつずつにこだわり質感が込もっていますね。

The Seed Experience

The Veda CompanyのSoyveda Travel Tin Candlesキャンドル、Kurのエナジーバー(vegan & raw)、Nicobella Organicsのトリュフなど数多くのエシカルフード&リビングアイテムをプロモーションするThe Seed Experience。Plant-based(vegan)、cruelty-free、そしてエコフレンドリーをテーマに、地球月間イベント、ヨガ(他スポーツ)のリトリートワークショップなどを通じ、NYで活動を広げています。やはり、これからは衣食住で総合的に、PLANT BASEDを取り入れていく時代ですね。